2016年5月2日月曜日

GW三日目LGBTAIカルテル

5月1日(日)
 せっかくなのでもうちょっと日記ブログを続けてみる。これが最後になるかもしれませんが。

 仕事。しかし以前の日記ブログ時代でもいちいち仕事したとか書いているのだが、自分で読みなおしても何の仕事だったのかわからず、かといって署名記事でない場合や公開前のモノはその詳細を書くわけにはいかず、であれば他人が読んだらなおさら意味がわからず、わざわざ「仕事」と書いてしまうと今度は特に誰も興味ないかもしれないけど仕事がない日、なさすぎる日々がバレてしまったりするわけであり、公にできる段階での告知はするにしても、そのための下準備としての仕事をしたとかどうとかいちいち書くのはもうやめるべきでしょう。日記的に書いている事情で仕事でどこそこへ行ったみたいに書く必要性がある場合は書くが。もっとも日記ブログが今後もまた続かない可能性が大なのでこうした心配をするだけ無駄かもしれないが。

 能町みね子『トロピカル性転換ツアー』(文春文庫)を読む。私自身はいわゆるLGBTいずれにも当てはまらないので(と、自分では現時点ではそう思ってるので)、あくまで興味本位で読むことにならざるをえず、でもそうした好奇心で読んでくれていいですよ、というスタンスで書かれていて、声高にLGBTの生きづらさのようなものを主張するわけでも全くなく、個人的にはタイでの入院記として大変だなあ、でもこののんびり加減もタイっぽいなあ、と楽しい紀行文として読んだ。『オカマだけどOLやってます。完全版』(文春文庫)のストレートな続編なのでセットで読むべし。と書いたところでコアなファンはとっくに読んでるんだろうけど、俺は昨年頭ぐらい、逸ノ城がモンスター呼ばわりされたあたりから相撲を見るようになり、その流れの中で相撲ファンとしてあちらこちらに登場する著者の発言を追うようになり、そこから今度は出演されているテレビ番組を観たりする、というような、完全に遅れてきた読者なのです。他の本も今後読んでいきたいと思います。『久保みねヒャダこじらせナイト』もいいけど『グッドモーニング!!!ドロンジョ』も大変良かった。あと、14〜15ページにある手術の理屈のところを読んで反応してしまった感覚が16ページに載ってるイラストそのまんま。俺、完璧にこうでした。
トロピカル性転換ツアー (文春文庫) オカマだけどOLやってます。完全版 (文春文庫)

 昨日買った『SFマガジン』2016年6月号をパラパラ見てたらジョン・スラデック『ロデリック』(河出書房新社)が非常に気になる。人工知能を搭載したロボットが人間社会で生活するがことごとく会話がかみ合わない。人工知能搭載ロボットと人間がかみ合わないのみならず、人間同士のやりとりも実はかみ合っていない、らしい。書かれたのは1980年。相当に読みにくい小説らしいのだが、この内容がもっと広く読まれていたなら昨日のブログに書いたような『ターミネーター2』的な底の浅すぎる「人の感情を持った人工知能」みたいな「いいね!」がいっぱい付きそうなどうでもいい話なんか恥ずかしくて発表できないのではなかろうか。
 ロデリック:(または若き機械の教育) (ストレンジ・フィクション) ターミネーター2 特別編(日本語吹替完全版) [Blu-ray]

 Netflixで『ブレイキング・バッド』シーズン5の14・15・16話、続けて鑑賞。16話はシリーズ全ての最終回。とにかくあっちこっちに拡散したあらゆる問題にほとんどすべてきっちりケリをつける怒涛の展開。もうこれしかねえよなあ、と。とはいえ連続ドラマではありながらも一回一回の構成がきっちりしているがゆえに、今描かれているこの問題をこのエピソードのテンションのまま同じエピソード内で展開・決着させてほしい、という思いはしかし、1話50分弱なので次回に続いてしまったり、あるいは予想外にスピーディにカタをつけちゃったりする感じもあり、やっぱり3話まとめて観ちゃうんじゃなくて1週間に1話ずつ、という本来の放送時のような焦らし方であえて鑑賞すべきだったかもなあ、とも思ったりします。まあでも3年だか4年かけてじっくりじっくり楽しんできたのを裏切らない傑作なのは間違いない。一気に観るのは苦手なので仕方ない。ちょっと間を置いてからスピンオフ作品『ベター・コール・ソウル』を観ることにします。
ブレイキング・バッド ファイナル・シーズン ブルーレイ コンプリートパック(2枚組) [Blu-ray] ベター・コール・ソウル SEASON 1 ブルーレイ コンプリートパック [Blu-ray]

0 件のコメント:

コメントを投稿