2015年2月13日金曜日

2月前半と署名

 iPhone6が修理から戻ったので即ダイソーへ行き保護フィルムを買って貼り付けた。108円。今まで量販店で数千円のものを買っていたのがバカらしいぐらい製品に問題なし。

 年末年始にまとめて再放送したのを録画していた『ニッポン戦後サブカルチャー史』をひと通り見終える。概ね理解できるということは、講師の宮沢章夫と編集がうまいということもあるだろうが、自分自身がある程度時代の流れやその時々の作品群や出来事を整理して把握できてはいるのかもしれないなあ、と、自己を評価。とはいっても俺の場合、生まれる前のことはもちろん、その時々のことも大半は評価が固まってからの後追いだったりして、リアルタイムに享受しているわけではないことが多く、そういう意味ではいつも置いてけぼり感から逃れられない気がします。

 ということで、初期の数冊以外ちゃんと読んでなかった岡崎京子を順次読んでいってみようと、これまた初期だけど読んでなかった『くちびるから散弾銃』から着手。
くちびるから散弾銃 (KCデラックス )
 1996年刊行の再編集版を読んだんだけど、その時に書き下ろされたエンディングはなくても良かったんじゃないかな―とか思います。むしろ狂騒的な80年代末期の空気だけで終えていても良かったよなあ、と。そのように脳内補完して読めばいいだけですが。

 録画してあったNHKスペシャル『臨死体験 立花隆 思索ドキュメント 死ぬとき心はどうなるのか』鑑賞。臨死体験がそもそも胡散臭いと思ってるのでぼんやり見てたら案外先端科学の方向へと向かっていくのだが、肝心の後半を見ている最中眠くて眠くてどうだったのか忘れてしまった。そこが重要だったはずなのに!

 永井豪『デビルマン』全5巻とトリビュートアンソロジー『ネオデビルマン』全3巻をまとめ読み。
デビルマン(1) (講談社漫画文庫) デビルマン(2) (講談社漫画文庫) デビルマン(3) (講談社漫画文庫) デビルマン(4) (講談社漫画文庫) デビルマン(5) (講談社漫画文庫)
ネオデビルマン 1 (モーニングデラックス) ネオデビルマン 2 (モーニングデラックス) ネオデビルマン 3 (モーニングデラックス)
 どちらも過去に読んでいたとは思うけど、『デビルマン』は今回読んだ講談社漫画文庫バージョンだと後に描かれた『新・デビルマン』やその他加筆ページが随所に入り、絵柄が随分異なるのでものすごい違和感。初期バージョンだけでまとまってるのを読めばよかったなあ、と改めて思う。とはいえやっぱりクライマックスのあの衝撃は確かにものすごく、幼いころに前知識ゼロで読んでればなあ、と思う。過去に読んではいるんだけど、すでにある程度どうなるのか知った上で、しかもさほど幼くない頃に読んだと思われ、衝撃を受けたときの記憶はないのです。ということで、ちゃんと読んだことがなく、内容も知らない方は、他の知識を全く入れず、なおかつ講談社漫画文庫ではなく、オリジナルバージョンのみが収録されたモノを読むべし。確認してないけど愛蔵版とかは怪しいので、少年マガジンコミックスを探してください。これなら確実安心。
 『ネオデビルマン』はオリジナルをかなり忘れた頃にこれだけをいきなり読んだためいまいち楽しめてなかったのだが、今回原典と続けて読んだら細部まで仕込まれたネタを理解できて楽しめました。とはいえやっぱり初読と同じく一番おもしろかったのが黒田硫黄なのは変わらないが。
 で、『デビルマンレディー』やら『Amonデビルマン黙示録』やら『デビルマン対闇の帝王』やら『デビルマンG』やら『デビルマン対ゲッターロボ』やら、ついでに『キューティーハニー対デビルマンレディー』やら『激マン!』やら『デビルマンサーガ』やらも読んでみるべきなのかしらん。『バイオレンスジャック』は途中までと、飛ばしてラストだけ読んだ。

 レンタルDVDで『THE NEXT GENERATION パトレイバー第4章
THE NEXT GENERATION パトレイバー/第4章 [DVD]
 せっかく筧利夫と鴻上尚史が共演してるんだから第三舞台ネタ的な部分での遊びがあっても良かったんじゃないかしらん。

 CS録画で『恋愛小説家』鑑賞。
恋愛小説家 [DVD]
 冒頭が急ぎすぎな気がするけど「Always look on the bright side of life」が流れるから満足です。

 岡崎京子を順に読む計画で『pink』。
pink (MAG COMICS)
 これくらいの重さと軽さが個人的にはちょうど心地いい感じ。しかし岡崎京子はこの後どんどん重くなっていきそうな気がする。読んでから判断しますが。

 渡辺航『弱虫ペダル』38巻。
弱虫ペダル 38 (少年チャンピオン・コミックス)
 熱い。

 CS録画で『英国万歳!』鑑賞。
英国万歳!【字幕版】 [VHS]
 ハッピーエンドのはずなのにハッピーエンドじゃない人たちもいる皮肉っぽさがイイ感じ。原作脚本のアラン・ベネットってどっかで目にした名前だなあと思ったら、『シークレット・ポリスマンズ』に出てた。モンティ・パイソン関連で目にしてた。

 散髪。

 CS録画で『愛、アムール』。
愛、アムール [DVD]
 老夫婦の最後を描く感動作のふりをして相当悪趣味な映画だと思うのだが、そもそもハネケって芸術的に悪趣味を描く監督だと思うので仕方ない。

 他にこの間、NHKスペシャル『追跡「イスラム国」』やらドキュメンタリーWAVE『“イスラム国”から若者を救え~デンマーク ある町の試み~』やらBS世界のドキュメンタリー『シリア内戦 前線の子どもたち』やらも見たが、とにもかくにも緊迫感は増しつつあると思います。

 と、あれこれ観たり読んだりしつつ、久しぶりに署名記事を書きました。署名なしのライティングもしてますが、署名入りのが久しぶりだったのでご報告。

●その1 日本人の零戦、クラウドファンディングで再び日本の空へ乗りものニュース

●その2 ロングセラー玩具「地球ゴマ」が製造中止! 残された「生き残り」への道とは!?dot.

 なお、それぞれYAHOO!ニュースなどにも転載されております。
その1 その2

 その2はmixiにも載ってたのを確認したが、他にも把握してないところもあるかもしれない。見つけたら教えて下さい。教えてくれなくてもいいけど。ちなみに署名記事はおそらく昨年6月刊行の別冊宝島『ゴジラ完全解読』以来。
ゴジラ完全解読 (別冊宝島 2207)

0 件のコメント:

コメントを投稿