2015年1月26日月曜日

海の上の密売人

 連続更新を再開したつもりが三日坊主どころか二日でストップしてしまった。しかしもう飽きたというわけじゃないのです。三日分まとめて書きます。誰も読んでなくったっていいんです。備忘録なんです。忘備録? 備忘録? 大辞林で備忘録をひいたら忘備録も載ってたのでどっちでもいいみたい。たまに防備録って表記を見かけますがそれはさすがに変換間違いです。なお以下、どれがいつのことだかすでに曖昧だが、鑑賞記録を参考にしてるので順番は間違っていないはずだ。

 『海の上のピアニスト』鑑賞。
海の上のピアニスト [DVD]
 『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ監督による名作として随分話題になった映画ですが初見。そもそも俺、『ニュー・シネマ・パラダイス』自体が感傷的すぎてあんまり好きじゃないのよね。初公開版と完全版両方とも劇場で観てるけど。両方とも文芸坐で何かと二本立てだったけど。で、この映画もやっぱり感傷的なのでした。それ自体が見どころの映画なわけだけど。ケレンとハッタリ演出は嫌いじゃないんだけど、その理由は同じくイタリアの監督セルジオ・レオーネの後継的なくどさわざとらしさゆえなんじゃないかなーと。とはいえ繰り返すけどレオーネ的ハッタリとケレンがいちいち感傷的な方向にシフトして、それこそがトルナトーレなんだろうけど、そこがあんまり好きじゃないのよね。ダメな映画ってことじゃなくてあくまで好みの問題として。感傷的な映画という方向性では大成功してると思います。

 BS世界のドキュメンタリー『イスラム国はなぜ台頭したのか』を見る。例の人質事件があったからこそ録画データから探して見たんですけど、つくづくなぜ台頭したのか、というかイスラム国の成り立ちについて無知だなあ、ニュースちゃんと追えよ、俺、と反省。イスラム国の成り立ちが非常にわかりやすくまとめられていたので、知らない方は再放送があったらぜひご覧あれ。だったらお前がまとめてここで説明しろよと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、見て録画消して細部をあっという間に忘れたので無理です。

 『プッシャー』鑑賞。
プッシャー(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]
 『ドライヴ』とか『オンリー・ゴッド』とかで人気のニコラス・ウィンディング・レフンの監督デビュー作。『タクシードライバー』とか『スカーフェイス』とか『マッドマックス』とか『燃えよドラゴン』とかの写真やポスターが劇中あちこちに貼られていて、つまりはそういう男の映画なわけだけど、しかしそう思って観てると違うタイミングで映画が終わる。どういうことだよ! と思うが、シリーズ三作目まであるのでちょっと続けて観てみたいと思います。レンタルで見かけた記憶がないので録画しといて良かった。

 なんてことを思いつつ『プッシャー』の再生を止めたら、イスラム国の人質事件が非常にイヤな展開をしていた。念のため、

 というツイートをしておきました。といっても俺のメッセージがみなさまに届くわけではないしいろんな考え方の人がいらっしゃいますので、しばらくは積極的にネットを覗かないようにしたいものです。ただひとつお伝えしておくと、俺はホラー映画やスプラッター映画は好きですが、あれらとホンモノは全く違うものですからね。ホンモノと思いきやクソコラグランプリ参加作品だったらいいのに。

 人形町で20人ぐらいの会合。その後15人ぐらいでファミレスでお茶会。お茶ではなくドリンクバーでコーラ三杯。

 ドキュメンタリーWAVE『域外派兵で何がおきたのか ドイツ軍アフガン復興支援活動』を見る。ドイツは侵略戦争を禁じる基本法があったのにアフガン派兵しちゃったために起こった悲劇を追うというものですが、なんというかタイムリーな内容。放送してたのは昨年9月だが。録画してたのを今頃見ただけだが。

0 件のコメント:

コメントを投稿