2014年12月31日水曜日

2014年のベストというかベター

 今年も本日でおしまいですが、今年は一回もこのブログを更新しておらず、それどころか前回更新したのも昨年の一月で、毎日更新していた時代もあったのになんたることか。ということで、やっつけ仕事的な感じですが、2014年に観たり読んだりしたモノから、観たり読んだりして良かったものを観たり読んだりした順番で挙げることで(再見再読は除く)、未更新記録をストップしたいと思います。しかし今年はいつも以上に外出しなかったため、特に映画は旧作ばっかりになっております。来年はもうちょっと新作を追いかけられるようになるといいですね。

J・スキップ&C・スペクター編『死霊たちの宴』上下
死霊たちの宴〈上〉 (創元推理文庫) 死霊たちの宴〈下〉 (創元推理文庫)
 ロメロのゾンビ映画三部作(現在は六作まであるけどこの時点では三部作だった)の世界感をベースに、いろんな作家が参加したゾンビ小説アンソロジー。実際のところは「これ、世界感違うだろ」って言わざるを得ない作品が半分ぐらいあるんだけど、それはそれで変な原点原理主義じゃない自由さがあって楽しめました。誰のどれがいいとか具体的に言えないぐらいに忘れてるけど。

狂った野獣
狂った野獣【DVD】
 バスが横転するスタントを渡瀬恒彦自ら運転してやってる! さらにリアルを追求するため画面に写ってないのに川谷拓三も乗ってる! というところが一番狂ってる気がする。

ブレックファスト・クラブ
ブレックファスト・クラブ [Blu-ray]
 『桐島、部活やめるってよ』の原点ってこれだよなあ、この映画の方が理想主義的だけど。

おじさん天国
おじさん天国 [DVD]
 本編のみならずDVDのメニュー画面にも流れる社歌が最高。

アストロノーツ・ファーマー 庭から昇ったロケット雲
アナザープラネット
アストロノーツ・ファーマー/庭から昇ったロケット雲 [DVD] アナザー プラネット [DVD]
 『インターステラー』ってこの二本を混ぜたような映画なんじゃないのかな? と勝手に推測するが、『インターステラー』はまだ観てないのでわかりません。

スーパーバッド 童貞ウォーズ
スーパーバッド 童貞ウォーズ コレクターズ・エディション [DVD]
 セス・ローゲンは話題の北朝鮮ネタのコメディよりこっちの方が確実に面白いと思う。北朝鮮ネタのコメディは未見だが。エマ・ストーンがムッチムチ。

10人の泥棒たち
10人の泥棒たち [Blu-ray]
 レンタルできるのはTSUTAYAだけ! のせいで、見つけるまでに時間かかった。集合住宅の壁のアクションシーンがものすごい。

悪魔を見た
悪魔を見た スペシャル・エディション [DVD]
 ど傑作『チェイサー』に迫る勢いのおっかない韓国犯罪映画。最後の最後がもう最高。

鳥山明『銀河パトロール ジャコ』
銀河パトロール ジャコ (ジャンプコミックス)
 『ドラゴンボール』関連作だけど、『Dr.スランプ』世代の人の方がより楽しいと思うテイスト。

チリヌルヲワカ『it』
it
 七曲目の「針と糸」が一番好き。

イメージの力―国立民族学博物館コレクションにさぐる
 地域や時代別みたいな体系的な展示ではまるっきりなく、見た目の類似で展示する潔さが、お勉強のためじゃなく好奇心掻き立てる感じで良かったと思います。

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 [Blu-ray]
 予備知識なしで観たら中盤での唐突な展開にびっくり。さらにもう一回。ラストはちょっと善意に傾き過ぎてて甘いかなーとも思うけど。

吉田聡『湘南爆走族 江口洋助&津山よし子編』
湘南爆走族 江口洋助&津山よし子編 (My First Big SPECIAL)
 コンビニ売り漫画。随分前にある程度読んでいたものの、最後まで読んでなかったので、ラストに至るエピソード群を集めたこれが出てくれたのは良かった。全部読みたいというより、この最終回のためのあれこれを読みたかったのです。

シャーロック シーズン3
SHERLOCK/シャーロック シーズン3 [DVD]
 前シーズンのラストからどうやって戻ってくるの? という視聴者の疑問や議論を、そんなもん作り手の都合でどうにでもなるんだよ、という立場からやりたい放題な第一話から、いろいろぐっとくる第二話を経て、シーズン通して続き物だったことが判明する第三話まで、これまで以上に面白い。次はまだか。

ブレイキング・バッド
ブレイキング・バッド BD-BOX 全巻セット(SEASON 1-6) [Blu-ray]
 まだ第三シーズンの途中までしか観てないけど傑作。すでに観てる人は決して私にネタバレしないようにお願いいたします。基本的に知らない俳優ばっかり出てるけど、『新スタートレック』のQ
の人、ジョン・デ・ランシーがゲスト出演してるのが嬉しい。

チェイシング・エイミー
チェイシング・エイミー [DVD]
 『クラークス』『モール・ラッツ』から続けて観て、これが一番切なくていいですね。青春ラブコメでここまで踏み込んだのって意外にない気がする。

本田靖春『誘拐』
誘拐 (ちくま文庫)
 『本の雑誌』6月号の「事件ノンフィクションはすごい!」特集一発目で紹介されてて読んだ吉展ちゃん事件ルポ。犯人が黒澤明の『天国と地獄』の本編、ではなく予告編を見て誘拐事件を思いついたらしく、まったくもう黒澤明はどえらいとばっちりですね。本編観てたら思いとどまったんじゃなかろうか。

伊藤彰彦『映画の奈落 北陸代理戦争事件』
映画の奈落: 北陸代理戦争事件
 東映実録やくざ映画『北陸代理戦争』を背景に実際に起こってしまった事件を追うノンフィクション。『北陸代理戦争』も面白いが、本書はそれを上回る。

竹熊健太郎『私とハルマゲドン』
私とハルマゲドン (ちくま文庫)
 太田出版から刊行された親本も読んでるので再読になるのだが、構成が異なり加筆もあるので挙げておきます。しかし親本にあったと記憶する、生き方指南として秀逸な「旅人理論」が載っておらず、この本じゃなかったのか、それとも文庫化の時点で削ったのか。

悪の法則
悪の法則 21分拡大版本編ディスク付豪華2枚組 (初回生産限定) [Blu-ray]
 キャメロン・ディアス怖い。

プリシラ
プリシラ [DVD]
 「ゴー・ウェスト」がゲイの応援歌であることを再認識。

モンティ・パイソン復活ライブ!
 放送にあたってかなりカットされてるっぽいが、とにかくテレビで観られたのは良かった良かった。あとは日本でいつソフト化されるのかが気になるところ。さっさと出してください。

裏切りのサーカス
裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]
 猛烈に格調高いスパイ映画。しかしこの邦題っていまいちよね。原作の邦題と同じく『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』でいいと思うんだけど。

愛のむきだし
愛のむきだし [DVD]
 本編四時間! タイトル出るまで一時間!

ポゼッション
ポゼッション デジタルニューマスター版
 あまりにもみなさんハイテンションすぎて観てるこちらも体力使う。

エグザイル 絆
エグザイル/絆 スタンダード・エディション [DVD]
 かっこいい! それだけ! でも最高!

マッチポイント
マッチポイント [DVD]
 キネ旬がなにゆえスカーレット・ジョハンソンの記述にこだわるのかは謎だがスカーレット・ヨハンソンはエロい。いい。

ミッドナイト・イン・パリ
ミッドナイト・イン・パリ [DVD]
 ウディ・アレンはこういうバカバカしい方が好きなんですが、特に主人公を追う探偵の行く末のくだらなさが好き。

フレンチ・コネクション2
フレンチ・コネクション2 [DVD]
 前作は何度か観てるけどこちらは初鑑賞。もっといまいちな続編かと思ってたら全然そんなことなかった。

ロング・グッドバイ
ロング・グッドバイ [DVD]
 NHKで放送してた日本版ドラマは観てないけどこちらは軽妙な感じで素敵。マーロウが住んでるアパートの構造が気になる。

評決
評決 [DVD]
 シャーロット・ランプリングは登場したときからひたすら怪しい。

リオ・ブラボー
リオ・ブラボー [DVD]
 西部劇は何本か観ていながらもジャンル的には興味なかったのに、この映画のおかげでジャンル的に面白いと思えるようになりました。

夕陽のギャングたち
夕陽のギャングたち (アルティメット・エディション) [DVD]
 ションションション。ど傑作。

真夜中の虹
ハムレット ゴーズ  ビジネス/真夜中の虹 【HDニューマスター版】(DVD)
 カウリスマキの映画って何本か観ながらほとんど忘れちゃうんだけどこれは忘れない気がする。ハードボイルド。

SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム
SRサイタマノラッパー2女子ラッパー☆傷だらけのライム [DVD]
 「サイタマノラッパー」シリーズ三本まとめて観たが、コメディ色が強い二作目が一番好み。主演の山田真歩、朝ドラに出てることすら知らなかったが女優としてすごいですねこの人。あとクドー役の加藤真弓がえらい美人。

稲生平太郎『定本 何かが空を飛んでいる』
定本 何かが空を飛んでいる
 表題作にあたる前半部分の見ちゃったあれこれを解き明かしていく過程が超絶面白い。そして見ちゃった人たちが語る内容がいちいち同じパターンってのも興味深い。

キレイ 神様と待ち合わせした女
キレイ[完全版]: 神様と待ち合わせした女
 再々演。再演は未見だけど初演は観に行ってDVDも買って観直したりしてるので、わかりやすかったしこれまでとの違いも楽しめました。初演の悪ふざけが減ってより真面目になってるように感じる。どっちも好き。お母さん役が片桐はいりから皆川猿時に交替してどうなるんだと思ったら、そこんところは下らなさが倍増しててこれまた良かった。特に病院でちゃんと言葉を喋らないしつこさが最高。画像は戯曲。

ザ・レイド
ザ・レイド [DVD]
 監督がイギリス人とのことだがインドネシア映画自体のクオリティが物凄く上がってるんだろうなあと思います。続編も観なければ。

リティ・パニュ、クリストフ・バタイユ『消去 虐殺を逃れた映画作家が語るクメール・ルージュの記憶と真実』
消去: 虐殺を逃れた映画作家が語るクメール・ルージュの記憶と真実
 とんでもなく残酷な出来事なのに読ませちゃうノンフィクション。しかし一番きついのは拷問とかよりもお母さんとの別れの場面なのであった。

 ということで順位をつけるわけでもなくただ今年観た読んだものから良かったものを記録を見ながら挙げてみました。今日この後また何か観たり読んだりするかもしれず、それが年間ベスト級かもしれないけど、めんどくさいからここまで。また、年始めあたりに鑑賞した作品になると内容的に忘れてたりして感想そのものが間違ってる可能性もありますが、大晦日の時点でそれをそういう風に記憶している、という程度に思ってください。それではみなさん、良いお年を。